FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006-02-21 (Tue)
先日のプレスクールのお楽しみ会での出来事です。
お雛さまをママと一緒に作りましょ~!って時に、子どもたちはスモックにお着替えしました

さっくんも頑張って一人でスモックを着れたのですが・・・
スモック
さっくんは後ろ前逆に着ちゃってました(アンパンマンのプリントが背中に付いてるのがさっくん!)

mihoは思わず小さな声で「あちゃ、後ろ前逆だし・・」って言っちゃったんです
さっくんには聞こえてなかったんですけど、隣に居た先生が満面の笑顔で「ぜ~んぜん、OKですよぉ~」って言ってくれました

mihoは先生の言葉と笑顔にハッとしました

先生は前にもこんな事を言っていました。
「ズボンが後ろ前逆だって、靴が左右反対でもいいんです!今は頑張って自分で出来た!ってことを、うんと褒めてあげてください!」
mihoはついつい「さっくん、右と左反対!」とか「後ろ前逆じゃん!」とかうっかり言ったりしちゃって・・
そんな不用意に出ちゃった言葉が、せっかく頑張った子どもの自信やプライドを知らず知らずのうちに傷つけてしまってる事あるんですよね

子どもは大人が思ってる以上に頑張っていて、その頑張った証自信やプライド、それはきっと大人が思ってる以上に傷つきやすいんだと思います
だからその自信やプライドを、mihoたち大人はしっかり育んでいけるように守ってあげなくちゃいけないなぁ・・って思いました

これはどんなことでも言えるのですが・・上手い・下手とか成功・失敗なんて、本当はどっちでもいいじゃないですか?
子どもが一生懸命、頑張ったことや・・出来なかったことが出来るようになったこと・・その事実をただ素直に喜んで、褒めて認めてあげることが大事なんですよね~
だってmihoたち大人だって苦手なことや下手っぴぃなこと、失敗もあるし・・mihoたち大人だって褒められると嬉しくて、また頑張ろう!って思いますもんね

そんな風に思ったら、ほんのちょっぴりですけど・・心が大きくなった気がして、さっくんのことを寛大な気持ちで受け止められるようになったっていうか・・で、これがきっかけか分からないけど、さっくんも少し変わったんですよ
まぁ相変わらず甘えんぼですけど・・さっくんの中で自分自身にすごく自信がついたみたいで、自分からいろんな事にチャレンジしたり、失敗を恐れない強さみたいなのが身についたみたいです
なんだか親子ともにちょっとだけ成長できた気がします

最後にそんなさっくんの頑張った作品をひとつ!
ゆきだるま
教室に飾ってあった「ゆきだるま」です
白い雪は絵の具で筆の先でテンテンと描いてあるんですよ~
たいへんよくできました~


さっくんの頑張りにポチッとお願いしま~す

FC2ブログランキング




スポンサーサイト



| さっくん日記 | COM(24) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する